子ども動物公園の東園~北園ぐるっと一周ルートを紹介!

埼玉県東松山市にある埼玉県こども自然公園内は、アスレチックや動物、広場などの施設は充実した大きな公園です。

遊具や広場、カンガルーなどがいる東園。

ペンギンやマヌルネコなどの小動物や乳牛に会える北園。

どのようなルートで行くか初めていく場合は特に迷いますよね。

私たちは、正面入り口から入り、キリンを見てから東園で遊び、恐竜コーナーを抜け動物の多い北園へと回りました。

長い道のりで途中見てない動物も多いですが、今回実際回った東園~北園へのルートをマップや写真で紹介します!

タップできる目次

正面入り口からまずキリンを見る

正面入り口入ると、目の前に階段があります。

ベビーカーでまっすぐ進む場合は左端にあるスロープで行けます。

私たちは、左に進みキリンを見て東園へ向かいました。

坂道なので、ベビーカーを押して歩いて行けます。

途中ベンチで休む人も。

おそらく、ほとんどの人が東園に向かっているので人の波に乗って大丈夫。

途中、馬やポニーがいるところで発見。

体の高さが147㎝より低いとポニーと言われるんですね。

子どもたちは、自分たちの身長と比べていました。

橋を渡れば東園

今、黄色い線に沿って歩いてきました。

東園はもうすぐです。

背比べで遊んだ後は、天馬の塔が見えてきました。
3歳以上一回200円

途中で電車を見かけました。

もし、電車に乗るならこの天馬の塔から乗れます。

電車に乗ると、北園を回り東園に行けるようです。

黄色い丸印に停留所があって降りられます。

フリーパスではないので、どこで降りるか悩みますね。

東園で遊具や動物見て3時間

さて、東園に入るとお昼を食べている人が結構いました。

レストランもあり、ベンチやテーブルもたくさんあります。

しかし、子どもたちは、真っ先にアスレチックへ。

左に進めばアスレチック

右に進めばコバトンのとりで。

アスレチックとコバトンのとりで

アスレチックの中央にベンチやテーブルやありお昼を食べるスペースがありました。

ベビーカーがとても動かしずらいので、テーブルにベビーカーを置いて場所取り。

地面に直接シートを敷いている人もいました。

場所取りすると、アスレチックをする子ども達を追いかけます。

一緒に行った2歳の子は、アスレチックできないので、その子のママと一緒に落ち葉や木や石を拾って遊んでいました。

アスレチックは、小学生から全部楽しめるかもしれません。

幼稚園の子は、いくつか手や足が届かない場所があり断念。

10個以上あるアスレチック、なかなか楽しんでいました!

コバトンのとりでは、小さい子がたくさんいます。

滑り台が二つ付いた遊具ひとつ。

周りにテントを立てて、この広場で過ごす人もいるようです

小学生が走り回ると危ないので、私たちは、早々に立ち去りました。

2歳の子は、とても楽しそうでしたよ!

カンガルー・クオッカ・カピバラを見学

同じ東園内には、カンガルー・クオッカ・カピバラなどの動物がいます。

  • カンガルーコーナー
  • クオッカアイランド
  • カピバラ・ワラビー広場

他にも、いるようなんですが今回は上記の場所だけ行きました。

すごく近くで見れて大満足です。

でも、クオッカアイランドは時間のチェックをしていなかったので、なんと15分遅れで見ることはできませんでした。

残念。

見たかった!!

でも、youtube見つけました!

クオッカアイランドの様子です。

出典:子ども動物自然公園

平日と週末では公開時間が全く違うので注意してください。

ワラビーは、近くで見られて、しかもタイミングよくえさの時間。

手を使って器用に食べています。

1 2
よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる