【無料】こんにゃくパークでバイキングと工場見学!詰め放題もやってみた!

群馬県甘楽(かんら)郡にあるこんにゃくパーク。

上信越自動車道「富岡インター」から約10分です。

高速から建物が見えるので、見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

安くて遊べる工場見学は、子連れにとって魅力的。

その中でも、こんにゃくパークは行きたかったスポットの一つです。

【こんにゃくパークで楽しんだ内容はこちら】

  • 工場見学
  • バイキング
  • 詰め放題

これから行こうかなと思ってる人!

お土産を買ったり、色々なこんにゃくの味を楽しんだりできるので立ち寄りスポットとしておすすめです!

【こんにゃくパークの商品を買うにはこちらで】

タップできる目次

工場見学

12時半頃着くと、駐車場はガラガラ。

春休みの混雑を想像していたので、びっくり。

でも、工場見学はできるとちゃんとホームページで確認していたので、行ってみることにしました。

 中に入ったら必ず受付をしよう!

工場見学もバイキングも、無料ですが、必ず受付をする必要があります。

代表者だけ並びましょう。

列が混んでいると、外まで列ができる場合があります。

行った時は、ちょうど並んでいましたが、あっという間に無人になりました。

たまたま空いていたのかな?

 トイレと授乳室は見学前に済ませよう!

受付をしてもらっている間に、子ども達と一緒にトイレを済ませちゃいます。

トイレは、受付横にあるので、迷いません。

授乳室もあったので、赤ちゃん連れにはうれしいですね。

受付を済ませたら、階段で工場見学からスタートです。

 12時前後は稼働していない可能性あり

よく調べずに行ってみると、前半の機会は全く動いていませんでした。

12時前後は、稼働していない場合があるようです。

でも、後半は、白滝の製造ラインや板こんにゃくのパッキングや飲むゼリーが箱詰めされる様子が見れました。

こんにゃくの匂いもします。

見学通路は、可愛く商品の紹介や、キャラクターの間違い探しなど、子どもが楽しめるようになっていたので飽きずに進めることができました。

人もほとんどいなかったので、自由に見て歩くことができました。

ロボットが動き続けるところでは、子ども達も興味深々。

全て無料!?バイキング

見学が一通り終わると、バイキングに直行です。

受付の無料チケットを箱に入れるだけ。

びっくりしたのは、無料なのに、種類が充実していてテーブル数も結構あったこと。

混雑回避のために、同じ内容のものがAとBの台に分かれていて、それぞれに並べます。

空いている方に並べるので、全く待つことなくバイキングできました。

さらにびっくりしたのは、年配のご夫婦がちらほらいらっしゃいました。

しかも、ものすごい量をお皿に盛ってバイキングを楽しんでいるご様子。

こんにゃくだし、無料だし、どの世代にも楽しめるのでしょうね。

 いろんなこんにゃくが楽しめる

全部こんにゃく!

ポリ袋を手にはめ、こんにゃくを取っていきます。

田楽や玉こんにゃくをはじめ、ラーメンや冷やし中華・レバ刺し風までさまざまなこんにゃくが!

もはやこんにゃくとは思えない。

苦手な下の子も、どんどん取りました。

ラーメン・冷やし中華・焼きそばとあった麺類の中では、ラーメンが一番おいしかったです。

スープのおかげかな?

でも、他のもしっかり味がしていて、こんにゃくだけど、こんにゃくじゃないような不思議な感じ。

レバ刺し風味もごま油が効いていておいしかったです。

ヘルシーでつまみにもイケるかも。

 子ども達に一番人気「果汁プリンマスカット味」

デザートに乳酸菌ゼリーがあったのですが、終わってしまってでてきたのは「果汁プリンマスカット」

マスカットゼリーではなく、マスカット味のプリンといった感じ。

ミルク感が少し足された感じです。

子ども達には、大好評でした!

やっぱり甘いのは、おいしいよね。

おかわりもして、たくさんいただきました。

ゼリーの詰め放題に挑戦

ピンクの袋に詰めます

楽しみにしていたこんにゃくゼリーの詰め放題!

500円!

しかし、思っていたのと違う!

小さいこんにゃくゼリーをたくさん、詰められるイメージを勝手にしていた私。

実際には、かなり小さい袋に飲むタイプのこんにゃくゼリーを入れるものでした。

一つ一つが、大きいです。

始めは、やる気なくしてスルーしていたのですが、どうしても子ども達が「やりたい!」というので、やる羽目に…。

 実はばら売りしている

詰め放題の隣の列に、同じ商品がしっかりとばら売りしています。

なので、きっと詰め放題は、楽しむためのものですね。

単純に、好きな味を楽しみたい人は、ばら売りがおすすめです。

詰め放題にない味(コーヒーゼリーやプリン風)もありましたので、気になる人は単品で試してみてください。

 詰め放題するなら6個ゲットせよ!

この状態でレジへ!

しかし、山積みされたゼリーと、この後、しばらく戦うことになるとは思っていませんでした。

だって思っていたより、かなり袋が小さいのです!

小さすぎて、全然入らない。

ばら売りのものと計算しても、6個入れなきゃ元取れない。

ということで、必死に袋を広げたり詰めたりしました。

すると、始めた時は周りに誰もいなかったのに、気付いたら、おばあちゃんが一生懸命詰めてました!

他の家族も始めて「どうすれば入るのか」「何個入れたらいいのか」

議論しながら、みんな必死でした。

光景が、面白かったです。

なんとか、詰めた6個を大事に両手で持って、レジで並ぶとさっきのおばあちゃんがいました。

尋ねてみると、おばあちゃんも6個ゲットしてて、なんだか、ほっこりした気分になっちゃいました。

結局、我が家は3人分欲しいと言われ、6個×3人分=18個買うことに。

でも、みんなで必死に袋広げて、楽しめたので、良い思い出ができました。

意外と、周りの目は気にならないので、チャレンジしてみたい人は是非!

まとめ

工場見学して、バイキングして、詰め放題して最後にお土産を買ったら、結構楽しかったです。

インターからも近いので、立ち寄りの場所としておすすめ!

そして、思ったより年配の方もいたので、次は、3世代で来てみたいなと思います。

外には、足湯もできて(タオルは販売してました)休むところがたくさんありました。

中には、ベビーカーを置いて、ゆっくり過ごしている人も。

子供連れて、安く遊びに行きたい人は、特におすすめです!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる