ハワイのエンバシースイーツの子供連れ体験談ブログ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ハワイのエンバシースイーツは子供連れファミリーにおすすめ

子供連れでのハワイ旅行。子供連れとなるとどんなホテルでも大丈夫というわけにはいきません。
しっかり選んで最適なホテルを選びたいですよね。ワイキキにはたくさんのホテルが存在します。

その中でファミリーにおすすめとして人気の高いエンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォークについてご紹介します。こちらのホテルはリピート率も高いんです。

では、なぜリピート率が高いのか、どんなところがファミリーにおすすめなのか、実際に赤ちゃん・子供連れで宿泊経験のある筆者がブログ風に紹介します。

スポンサーリンク

エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォークとは?

エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク(以下エンバシー)はワイキキビーチのすぐそばに位置しており買い物にも便利な立地です。

そのエンバシーがファミリーに人気でリピーターが多い理由としては以下の6つのポイントが挙げられます。

 ①全室スイート
 ②朝食が無料でついている
 ③レセプションタイムドリンク無料
 ④wifi無料
 ⑤リゾート料金の設定がない
 ⑥お出かけに便利

それでは上記の6つのポイントについて、筆者の体験談も踏まえて詳しく見ていきましょう。

エンバシースイーツの6つのポイント

ハワイのエンバシースイーツは子供連れにちょうどいいプール

①全室スイート

ホテルのサイトやいろんなところでうたっている通り全室スイートルームなんです。寝室とは別にリビングルームが設けられています。

リビングルームには小さな冷蔵庫、電子レンジ、お湯沸かしポット、流しがついており、買ったものをホテルの部屋で食べるには不自由しません。

また、部屋を2部屋予約している場合は、2部屋それぞれにバスタブ・トイレが付いているため、大人数で泊まった場合にとても助かります。

それぞれの部屋の真ん中の部屋が共同で使用できるリビングになっているため、まさに家にいるような気分になります。自ずとホテルの部屋でのんびりご飯を食べたくなります。

実際に我が家も3世代大人4人、子供2人で2ベッドルームの部屋を頼みました。

2ベッドルームというのは、先程の話にあった2部屋と同じ意味で、ベッドルームが2つあり、それぞれにトイレ、バスがついています。

真ん中にリビングがありミニキッチンがあるといった感じです。ミニキッチンといっても、料理ができるかというと、購入してきたお惣菜等を温めて食べる程度です。

コンドミニアムのようなキッチンを想像されると少し違ったかなと思いますが、ご飯は作らず買ったものを部屋でのんびり食べたいという人にはとても便利です。

早くお風呂に入りたいと思ったときに次の人の待たなければならないということもなくとても時間の節約ができましたよ。

 

②ハワイでは珍しい朝食無料

エンバシーはハワイでは珍しく朝食が無料で食べられるんです。この朝食無料は子供連れにはかなりポイントが高いです。小さな子供がいると外食ばかり行くのは難しいです。

そんな子連れ家族の救世主とも言えるこの朝食付き。

朝食が付いてるといってもどうせ口に合わないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、侮ることなかれ。

ここはハワイ?と思ってしまうような味噌汁や納豆があります。お昼や夜に濃い食事を食べてちょっと胃を休めたいなと思うときにちょうどよい優しい食事ができます。

もちろん、パンやその場で作ってくれるオムレツなどもあり子供連れの家族にはとても助かりました。

我が家の1歳なりたての子供もこのお味噌と納豆は気に入ったようで毎日のように食べていましたよ。さらには祖父や祖母にも好評でした。そのおかげなのか、胃を壊すこともなかったです。

 

③レセプションタイムドリンク無料

エンバシーの看板サービスといっても過言ではないレセプションタイムドリンク無料。ソフトドリンクだけでなくアルコールもフリーです。

ドリンクに加え、ピーナッツなどのスナック菓子も無料なのでお得度満載。

プールサイドで生演奏を聞きながらお酒を飲む。まさにリゾートならではです。バーカウンターでドリンクを頼むシステムですので、フリーとはいえみなさん注文する際は手にはチップを持っていましたよ。

毎回チップを払うのはと思うかもしれませんが、1$ですから安すぎます。子供連れだとお店でお酒を飲むのが難しい場合にとてもうれしいサービスですよね。

我が家が訪れた時は、子供が周りにほとんどいない状況でした。それもそのはず、生演奏の音が大きすぎて大人ですら耳をふさぎたいほどでしたので、子供はもっとしんどいはず。

プールサイドでのんびりは難しいかなという印象です。

 

④ホテルの部屋でもwifi無料

旅行のお供としても便利アイテムの携帯。いろんなことをネットで調べられます。今日はどこに行こうと迷ったらネット検索。だけど、海外では繋がりません。そんな時に役立つのがwifi。

ホテルの部屋でwifiが使えるのであれば、ほっと一息つきながら明日の予定を検索して立てることができますね。

事前に計画を立てていたとはいえ、子供連れとなると子供の体調を見ながら計画するのが無難です。

ホテルの部屋で休憩しながらネットで調べられたのはとてもありがたかったです。

 

⑤リゾート料金の設定がない

海外のホテルではリゾートフィーなるお部屋の宿泊代に加え、サービス料金のようなものが加算されることが多いです。

このリゾートフィーは、ホテルの価格の値下げ競争により作られたものです。

サイト上に載っている価格はこのリゾートフィーが追加される前の値段であたかも安いかのように見せるものですが、ホテルの値段はリゾートフィーも考慮しなければなりません。

 

⑥お出かけに便利

ワイキキの中心地にあり、ビーチにも近くお出かけにも便利でした。目の前がビーチというわけではありませんが、高階層に行けば行くほど部屋からもビーチが良く見えます。

また、ハワイは子供だけおいて出かけることは禁止です。

ホテルの周りに何もないとなかなか不自由しますが、周りにお店がたくさんあるので家族でちょっとそこまでというのも全く苦にはなりませんでした。

 

3.最後に

いかがでしょうか?エンバシーがリピーターが多く人気が高いという理由がお分かりになったのではないでしょうか?特にポイントが高かったのは、朝食無料。

しかも味噌汁や納豆がある。そして日本と変わらない。

この優しい朝食があったおかげで子供はお腹を壊すこともなかったのかなと思います。

子供連れにはおすすめなホテルですので、ぜひハワイのホテルはどこに泊まろうと迷われている方はエンバシーも候補に入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました