ハワイの朝市ごはん。KCCだけじゃない他の場所も。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ハワイのファーマーズマーケットで朝市ご飯。子連れで楽しむ

ハワイに行ったら訪れたい場所のひとつなのがファーマーズマーケット。お祭りの露店のようにお店が立ち並び、ハワイならではの特産品やローカルフードが安く購入することができます。

有名なのはKCCですが、開催時はいつも大混雑。曜日も決まっているので旅行の日程によっては行けない可能性も。ですが、ファーマーズ・マーケットはKCCだけではありません。

他の場所にもたくさんあるんです。

こちらのページでは、KCCの攻略法とあわせて他にどんなファーマーズ・マーケットがあるのか紹介していきます。また、子連れならではの知っておいた方がよいポイントも入れていきますね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ハワイ】サタデーファーマーズ・マーケットKCC

朝市といったらKCCといっても過言ではないほど有名です。ダイヤモンドヘッドの麓で開催されるオアフ島で最も盛況な朝市です。

【開催時間】
土曜7時30分~11時開催

 

KCCマーケットの攻略法

■時間帯に注意
常に大混雑しているKCCですが狙い目の時間帯もあります。

それが開始時間である7時30分。

開門時間になるとサイレンが鳴り始まります。お目当てのお店があるならばまずは一目散にそこに行きましょう。人気店は行列必須。時間がたつにつれてどんどん人が集まってきます。

■インフォメーションでMAPを手に入れよう
常時60店舗以上が並ぶKCCマーケット。まずは一通りみてから。なんて言っているとすぐに時間がたってしまいます。

インフォメーションでもらえるMAPを手に入れて、MAPの裏に記載のある出店名でどんなお店があるかチェックして回るのが得策です。

■どうしても混雑がいやなら夜市も◎
朝市として有名なKCCですが、火曜日の夜の16時~19時も市が開催されています。お店の数は減りますが観光客も少なくローカル気分を味わうことができます。

スポンサーリンク

【ハワイ】カイルア・タウン・ファーマーズ・マーケット

出店数は約30店舗とKCCと比べると少ないですが、大混雑を避けてのんびり楽しみたいならおすすめです。クレープなどの出来立てフードが充実しており食べ歩きしながら回れて楽しいですよね。

ただ、子連れの場合は食べ歩きは難しいです。そんなときにうれしいテーブル席!!朝ご飯を食べるために訪れてみるのいいですよね。

【開催時間】
日曜8時30分~12時

 

カイルアマーケットのポイント

カイルアマーケットは全て厳しい条件をクリアしたハワイ産のお店ばかりです。安心して購入することもできますし、ここで買えば小規模ファームを応援することにもつながります。

自分が気に入ったお店が人気店になっていたら見る目があるかも!?なんて考えながら回るのも面白いですよね。

 

【ハワイ】カカアコ・ファーマーズ・マーケット

2017年7月にワード・ウエアハウス駐車場からワード・ゲートウェイ・センターへ移転オープン。
オーガニックのものを中心にしたブースが約40店舗も立ち並びます。

【開催時間】
土曜8時~12時

 

【ハワイ】アラモアナセンター・ファーマーズ・マーケット

もしかしたら今なら穴場かもしれません。一時中止していたこともありあまり知られていない場所。穴場とはいえ、KCCと同じ主催とかわったため人気が出てくるのは時間の問題。

出店数は20店舗ほどと他のマーケットに比べて少ないですがじっくり20店舗見られていいですよね。
※2019年5月に終了しました。

【開催時間】
日曜9時~12時

 

【ハワイ】ワイキキ・ファーマーズ・マーケット

朝市ではないけどワイキキの中心で実施しているのでとても行きやすい市。気軽に立ち寄ることができます。ハイアットリージェンシーワイキキビーチリゾート&スパの1階中庭で開催されています。

店舗数も40店舗と多く、オーガニックのベンダーが多いです。

観光客に人気の高いのがカットフルーツやパン、プレートランチ。ワイキキ・ファーマーズ・マーケットで夕食を購入して、ホテルの部屋でゆっくり食べるというのもいいですよね。

【開催時間】
火曜・木曜16時~20時

 

【ハワイ】まだあるその他のファーマーズ・マーケット

ファーマーズマーケットはそれ以外にもたくさんあります。

■ホノルル・ファーマーズ・マーケット
【開催時間】
水曜16~19時
※場所柄的に仕事帰りの人が多く、地元感がいっぱい。

■マーケット・オン・ザ・プラザワイキキ・ビーチ・ウォーク内
【開催時間】
木曜16~20時

 

【ハワイ】ファーマーズ・マーケットの楽しみ方

ハワイにはいろんなファーマーズ・マーケットがあります。それぞれのマーケットで特色が違うので、その特色を見て訪れてみるのもいいですよね。

また、大混雑を避けたいという人であれば、比較的小さいマーケットがおすすめ。ローカル度も高くのんびり楽しめます。

 

【ハワイ】役に立ったファーマーズ・マーケットの持ち物

お金だけ持って手ぶらでぶらっと行きたい場所になりますが、観光でしかも子どもをつれていくならこのぐらいあると便利。

 ・現金
・ウェットティッシュ
・エコバッグ
・タッパー
・ジップロック

・現金
ハワイでクレジットカード払いが浸透しているとはいえ、ファーマーズ・マーケットではまだまだ現金のみの場所が多いです。

並んで買えなかったとならないように持参しましょう。カード払いがいい場合は並ぶ前に確認してみるといいですよね。

・ウェットティッシュ
子ども連れならどこにいっても必要なウエットティッシュ。ファーマーズ・マーケットでも持参することを忘れないでください。

・エコバッグ
おみやげを買うためだけでなく、食べ物を持ち帰るときもあると便利です。

・タッパー
レストランであれば食べられないものを持ち帰るための入れ物をもらえますが、ファーマーズ・マーケットはそうはいきません。荷物になるので持っていくか行かないかはあなた次第。

・ジップロック
かさばるものではないので持って行っても大変ではないでしょう。タッパーの代わりにもなってくれます。

 

【ハワイ】最後に

いかがでしょうか?ハワイのファーマーズ・マーケットは観光スポットの一つとして旅行中に一度は訪れてみたい場所ですよね。

場所によって開催する時間帯が異なります。自分の旅行日程と照らし合わせてどのマーケットに行くか決めて楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました