また絶対行きたい!キャンプアンドキャビンズのキッズプレイサイト

2021年夏休みにキャンプアンドキャビンズのキッズプレイサイトへ行ってきました!

なんと1区画のみの貴重なサイト。

とにかく、ものすごく贅沢な場所でした。

しかも、今回、初3世代祖母子キャンプ!(祖母・母・子3のみ)

母が、「ここならまた来たい」と言っていたほど、居心地抜群。

今回は、キッズプレイサイトについてまとめました!

どんなところなの?と気になった方は要チェック!

  • 詳細
  • 感想
  • 予約状況
  • 今回遊んだ内容

子ども達は、もちろん大喜び。

次はいつ行けるかな~。

タップできる目次

どんなサイト?

キッズプレイサイトといえど、どんなサイトか気になりますよね。

キャンプアンドキャビンスのHPには、動画も乗っていてとても分かりやすいです。

宿泊者目線で書きましたので、参考になれば嬉しいです。

広さはどれくらい?

滑り台から撮影。車とテント+タープ余裕の広さ

1家族じゃもったいないくらい、広い!

車1台テント+タープを設営しましたが、プラスでテントもう1個余裕で設営できます。

何ならツールームでも大丈夫そう。

車2台になると、追加料金になるのでご注意を。

何があるの?

子どもが遊べるものは、

  • 滑り台
  • ブランコ(これが人気)
  • ミニボルダリング
  • 乗って揺れるやつ(公園とかにある)
  • 大縄跳び

小学生には、微妙かな~と心配してましたが、無用でした。

何でも楽しめるようです。

ぶんぶん揺らして喜んでました

子どもってすごい。

とりあえず登っていた

中でも人気だったのが、ブランコ

洗濯物はハンモックフックを使用

焚火リングのそばにあるので、ブランコ乗りながらおしゃべりしたりお菓子食べたり。

滑り台は、人工芝であまり滑らないので段ボール敷くといいかも(HPでも言ってました)。

どこにあるの?

サイト内から撮影。大きい屋根が受付場所。

サイトの場所って結構重要です。

トイレの近くが良いけど、人の通りも多くなるし。

かといって離れると、遊び場から遠いと子どもを自由に遊びに行かせにくい。

キッズプレイサイトは、なんと受付のあるじゃぶじゃぶ池からすぐ近く

でも、サイトは広いし、少し高い場所になっているので、道を歩く音はほとんど聞こえません。

小砂利サイトは、歩く音が結構しますよね。

トイレもお風呂も近いので、子どもだけで行っても迷子になりません。

魅力ポイント

では、キッズプレイサイトの魅力を改めてお伝えします!

しかし、キャンプキャビンズには、まだ泊まったことのないサイトがあるのも事実。

どのサイトも魅力があるので、何度も来たくなっちゃいますね~。

広いのに良心的な値段!

先ほどにも書きましたが、こんなに広い電源サイト泊まったことがありません。

サイト内に電源が2か所!

なのに、良心的な値段!!

トップシーズンで9900円です。

大人は、3人目から追加料金がかかります。

しかし、今回は大人2人の小学生3人。

つまり1家族であれば、1万以内!

この値段でこの広さ。

遊具+ハンモックフック

他のサイトとの違いは、何といっても遊具です。

小さい子がいると目が離せないですよね。

サイトから出ていくなんてことも。

しかし、キッズプレイサイトなら心配なし!

設営しながらでも目が届くところで遊べるので、作業もはかどるのではないでしょうか。

しかも、ハンモックフックがあるのでお持ちの方は、屋根の下でのんびりハンモックが楽しめます。

我が家はないので、洗濯物ロープを…。

屋根の下で、タオルや水着が干せて、すごく便利!

焚火リングあり!

とにかく便利!

常設の焚火場があると、荷物も減って片付けもラクチン。

私のように、ラクして焚火したい人にはもってこいですね。

しかも、五徳もついているので、鍋やフライパンを載せたりと便利!

そして、じゃーん!と母が出してきたのは「火吹き棒!」。

火遊び大好き
子ども達

やりたい!

とらまま

火吹き棒!?こんなにすぐ火が出るのか!

今回、初の「火吹き棒」使用。

母が、こっそり買って持ってきていたようです。

やるじゃん。

子ども達も、火吹き棒で消えかかる火をつけて、楽しんでいました。

うちわとかに比べて、灰とか飛び散らないし、良いかも!

そして、我が家のキャンプ道具に追加になりました。

電源2か所

2か所もいらないのでは?

なんて初め思っていましたが、サイトが広いためガッツリ2か所使用させていただきました。

テント近くに一つ。

もう一つは、屋根の下。

焚火しながら屋根の下で、そのまま携帯が充電できて助かりました。

予約は困難!?

こんなに居心地の良いサイト、なかなかありません!

また泊まりたい!となり9月の予約分もチャレンジ。

(9月は、8月1日0時から始まりました。)

頑張って起きていたけど、いざ0時をまわるとなかなか進めなかったり、画面が固まったり。

ようやく予約ページまでキター!と思ったら、既に空き無し。

しかも平日まで。

土曜日はすべてのサイトも埋まっていて、キッズプレイサイトは平日も埋まる。

すごいとしか言えない…。

撃沈でした。

キャンセル待ちは必須かも

ということで、9月はあきらめ10月に再チャレンジすることにしました。

しかし、本気で行こうと思ったらキャンセル待ちは必須ですね。

予約開始後に、すぐ埋まっていてもその数日後に必ずキャンセルが出ます。(今までの経験上)

キッズプレイサイトじゃなくてもいいかな~って人は、いろんなサイトでもチャレンジしてキャンセル待ちしておきます。

キャンセルが出ると、空きメールが来るのでそしたらすぐ予約サイトに飛びましょう!

リアルタイムで、埋まっていきます。

ですが、きっと予約できます!

さぁ、私も次頑張ろう!

今回遊んだ内容

キャンプキャビンズは、遊べる施設もあるのにイベントも盛りだくさん!

今回は、ハンバーガー作りは予約でいっぱいでした。

それでも、あわただしくなるほど、たくさん遊べました。

  1. じゃぶじゃぶ池やオセロ

夏なので、足首くらいまでのじゃぶじゃぶ池で水鉄砲遊び!

なかなかサイトに戻らないと思ったら、巨大なオセロで遊んでいたようです。

  1. クリスタルハンター
待機中

レア宝石を求めて必死に探します。

大人は付き添い以外は入れません。

たくさん見つけても、お持ち帰りは5個。

予約しないといけないので、希望の人はチェックインの時に確認してみてください。

  1. プラバン
色塗りして持っていくとオーブンでやってくれます

1枚に着き50円募金するとできるシステム。

じゃぶじゃぶ池前の受付カウンターで見つけました。

色鉛筆も貸してくれるので、雨の日は大助かり!

誕生日が近いとお誕生日用にもう一枚くれます。

  1. ビンゴ
アメリカンなスタンプ。一回戦につき4枚分のビンゴカード。

ここのキャンプ場に来たら、毎回やります!

いつも狙うは、降りたたみ自転車!

景品が豪華すぎて毎回夢をねらって挑戦です。

当たった人がうらやましい~!

まとめ

毎回お世話になる100円モーニング

きっとアウトドアブームが火付け役になって、ファミリー向けのキャンプ場がとても増えたように感じます。

とにかく自然の中で遊ばせたい!

自分も遊びたい!

キャンプは、大人も子供もワクワクします。

そのワクワク感を家族で共有して、楽しむ時間を増やしていきたいです。

今回は、何度もお世話になっているキャンプキャビンズのキッズプレイサイトの紹介でした!

また、宿泊したら次のサイトも紹介します。

キャンプキャビンズについて知りたい方は、こちらもチェック!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる