沖縄旅行での子供の日焼け対策はラッシュガードが必須!!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

子連れ沖縄旅行での日焼け対策は?ラッシュガードがおすすめ

子供を連れての沖縄旅行。気を付けなければならないのが日焼けです。沖縄の日差しはとても強く、同じ日本だからと甘く見てはいけません。

日焼け対策にはラッシュガードや帽子、日焼け止めクリームは必須です。

こちらのページでは、ラッシュガードは半袖・長袖どっちがいいの?子供は嫌がらない?や注意することは何?という子供の日焼け対策で気になる部分を紹介していきます。

スポンサーリンク

沖縄の日差し・紫外線の強さ

沖縄は本土と違い、亜熱帯気候に属し年中温暖な地域です。そして、紫外線はというととても強いです。今や日本列島全て夏は猛暑。本土も沖縄も日差しは変わらないのでは?なんて考えていたら大変です。

では、どのくらい強いの?というと…

沖縄は日本本土に比べて1.5倍から2倍の紫外線の強さがあるといわれています。

そうです。何も対策をしないで外にいたらひどい目にあいます。

沖縄の日差しはいつが強い?

沖縄の日差しはやっぱり夏が強くて他は大丈夫なのでは?と思いますが、年中強いと考えてください。夏じゃなければそこまで対策は必要ではないかというとそうではありません。

だからこそ、日焼けが気になる方や皮膚が弱い方、赤ちゃんや小さい子供は日焼け対策が必須なんです。

子供に日焼け止めクリームを使用する際注意すること

沖縄の紫外線がいかに強く危険なものかがわかったら対策が必要ですよね。まずは、日焼け止めクリームでの対策。

ただ、ここで注意しなければならないのが日焼け止めクリームも肌への負担があるということ。紫外線は防げてもその日焼け止めクリームでお肌が荒れてしまったとしたら本末転倒です。

赤ちゃんや小さい子供など肌の弱い人に適した日焼け止めクリームを選ばなければなりません。

 

日焼け止めクリーム選びのポイント
・無添加、無香料、無着色のものを選ぼう
・石鹸で簡単に落とせるものを選ぼう

 

日焼け止めクリームのパッケージを見ると「無添加」などといった表示が見られます。しっかりその表示を見て選ぶようにしましょう。

また、同じようにパッケージに石鹸で簡単に落とせるということも記載がされています。まずはいろんな日焼け止めクリームのパッケージをチェックするようにしましょう。

ですが手っ取り早いのは赤ちゃん、子供専用の日焼け止め。肌への普段を少しでも減らす工夫がされています。どれがいいか迷ったら赤ちゃんや子供といった表示をよく見てみましょう。

おすすめは、こちらの商品。

 

乳幼児にも使えるミストタイプの日焼け止め。肌へのことをしっかりと考えられていますね。
さらにミストタイプなので塗らずに手軽です。

ラッシュガードは半袖長袖どっちがいい?

日焼け止めクリームは肌の負担が少なからずあります。負担を軽減するには帽子やラッシュガードなど身に着けるものでも対策が必要です。

そして、ラッシュガードは断然長袖をおすすめします。

肌が日差しを浴びる面積を少しでも軽減できるからです。

 

長袖のラッシュガードじゃ暑くない?

気になるところはそこですよね。子供が暑がって嫌がらないかです。確かにずっと海やプールに入らずに外に入れば長袖は暑いです。

ただ水に入ってしまえば、長袖だから暑いということもありません。

現に超暑がりな我が家の子供たちでさえ、海に入ってしまえば長袖だろうが半袖だろうがそんなのおかまいなしで遊んでいました。

長袖イヤだから脱ぐ < 水に入って遊ぶ

遊びが真っ先に来ましたよ。また、海にはクラゲなどもいます。それを考えると半袖よりも長袖の方がいいですよね。さらにいえば、首元まであるラッシュガードがいいですよね。

我が家はこのラッシュガードで行きました。

この花柄の長袖がかわいくて即買いしてしまいました。ラッシュガードにもいろいろ種類があります。自分のお気に入りを見つけてみてくださいね♪

日焼けをしてしまったらその後のケアも大切

いくら日焼け対策をしても肌は少なからずダメージを受けています。特に肌の薄い子供たちは水分が奪われ乾燥しています。

お風呂上がりにはしっかりと保湿をしてあげて肌の乾燥を防いであげてくださいね。子供の保湿クリームなどは忘れないよう持ち物リストに入れておいでくださいね。

 

家族全員日焼け後のケアを。

子供の日焼け対策もしっかり行わなければいけませんが、日焼けするのは大人も一緒です。日焼け後の肌は肌荒れの原因にもなります。しっかりと保湿してケアをして下さい。

大人の場合でしたら持ち物ににシートマスクを入れるといいですよね。私は必ずもっていきます。
日焼けした肌をしっかりとクールダウンしてくれます。

まとめ

いかがでしょうか?沖縄の日差しの強さを甘く見てはいけません。しっかりとした対策を打つ必要があります。子どもの肌を守るためにもラッシュガードや日焼け止め。

さらには、長時間外にいないなど遊びに夢中になって時間を忘れてしまわないように注意してくださいね。楽しい旅行の思い出になりますように♪

沖縄での子供の日焼け対策はラッシュガードが必須?紫外線の強さは?

タイトルとURLをコピーしました