家で何して遊ぼう?人気のおうち遊びを7つ厳選!

コロナになってからお出かけに制限がかかり、お家で過ごす時間が多くなりました。

我が家も、毎日何して過ごそうか悩む日々も。

そこで、家で遊べるもので、時間も潰せて、子どもが好きな遊びを7つ選んでみました。

対象は、だいたい幼児から低学年くらい。

これから雨が続く日や暑くなると、また家で過ごす時間が増えますよね。

そんな時の参考にしてみてください。

タップできる目次

事前準備が必要なもの

ここでは、事前に準備が必要な遊びを紹介します。

この日にこの遊びをしよう!と決めておいて、道具を用意したり買い出ししておきます。

家は、汚れたり散らかるので、そのつもりで遊ぶことが大事。

とらまま

子どもって何して遊んでも家の中散らかるよね

工作

一番手っ取り早いのは、工作。

折り紙だったりお絵描きだったり。

工作が苦手な人は、図書館で本を借りてくるのもおすすめ!

ダンボール

段ボールに折り紙貼って可愛い箱を作っておもちゃ入れにしたり、穴をあけたり自由に組み立てができるのが段ボールの魅力。

大きいダンボールがある時は、みんなで家を作ったこともありました。

切る力が足りないときやカッターで穴をくり抜くときは、大人の人がやりましょう。

絵具でお絵描き

我が家でよくやる遊びの一つ。

絵具セットが100均で簡単に揃えられるので、気軽に始められます。

何度かやると、絵の描き方や絵具の使い方に成長が見れてうれしいです。

紙粘土

幼稚園の時は、油粘土。

小学生になったら紙粘土。

紙粘土は、乾かしてから絵具で色付けもできます。

じっくり作りたいタイプの子は、結構時間がつぶれるのでおすすめ。

完成後は、触るたびに白い粉が付くので飾る場所を決めるといいでしょう。

しおり作り

子ども達が、長めの本を読むようになって、しおりが欲しいと言われて作りました。

ただ、絵のセンスが全くない私。

イラストをパソコンからいただき、トレーシングペーパーを使って絵を移して色塗りをしてもらい、ラミネートしました。

あとは、穴をあけてリボンつければ完成!

お絵描きが好きな子は、オリジナルの絵も素敵ですね!

機械のラミネートが無くても大丈夫!

100均に手で挟むだけでできるラミネートもあります。

私も、手帳に挟んで使っています。

お菓子作り

子どもってお昼ご飯が何時になろうと、15時になると「おやつは?」って言ってきません?

そんな時は、一緒に作って楽しんじゃいましょう!

クッキー

クッキー生地をこねるところから、みんなでわいわい。(というか誰がやるかでいつも揉めます)

型抜きしてチョコチップを入れたり、ナッツを入れたり。

粘土みたいに好きなように形作るも良し。

シンプルな型が一番応用がきいて、長持ちするし使いやすいです。

クレープ

クレープは、ホットプレートかフライパンで作ります。

大人は、生地を作るだけ。

顔を描いたり、好きな具をたくさん入れたり、遊びながらおいしいおやつが食べられて子ども達に人気です。

チョコレート

溶かして固めるだけの簡単なチョコ。

トッピングを変えるだけでオリジナルチョコの出来上がり!

また、可愛い立体チョコを作ってみたい子には、これがおすすめ!

6歳のクリスマスプレゼントで買いましたが、大好評!

レバーを回すだけで簡単で可愛い立体チョコが作れて、子ども達は大喜び。

パンケーキ

普通にホットケーキを作るのもいいんですが、先ほどの立体チョコと一緒に買ったこちらも楽しいです。

これは、レンジでできるから簡単、安全!

説明書見てわからないところは、一緒に手伝ってあげながら混ぜてチンするだけ!

しかし、型に生地が張り付いて、なかなか上手に出来ませんでした。

しばらくは、練習が必要ですね。

一緒に会話しながら楽しく作れるので、こういうおもちゃもあると、おうち時間が楽しくなります。

家にあるもので遊べるもの

毎回、準備にお金かけてたら大変!

家であるもので、なんとか遊べないかなと思いますよね。

おもちゃは、買わないと遊べないですが、一度買えば長持ちするものも。

ここでは、子ども達が良く遊ぶ家遊びを紹介します。

射的

射的は、かなり盛り上がる遊びです。

割りばし鉄砲を作ってしまえば、コストもかかりません。

輪ゴムは、結構使うかな…。

最近、上の子(9歳)がどうしても欲しいと自分のお小遣いで手に入れたおもちゃがこれ。

スポンジ状の弾が何発も打てる銃です。

お菓子の空箱を並べて、どれくらい倒せるか競い合って遊びます。

お約束は、人に向けないこと。

小学生は、絶対楽しめるおもちゃだと思います。

ただ、弾が無くなりやすいから注意が必要。

宝探し・連想ゲーム

家の中のいたるところに、スタンプなどの小物を隠して見つける宝探しも結構盛り上がります。

他にも、連想ゲームのような遊びも大好き。

きっかけは、この「きょうは何の日?」という絵本。

番号順にヒントが書かれていて、その番号を探しながら順番に進んでいくと、最後は何かのメッセージにたどり着きます。

子ども達がこのお話の読んでから、やるようになったゲームです。

そして、いつも見つけるよう指示されるのは大人。

何か伝えたいことがあるときに、仕掛けてきます。

子ども達は、隠したものを見つけてほしくてニヤニヤしてます。

どんなヒントがあるのか、どこに隠したのか探すこっちも楽しくなってくる遊びです。

絵本を見れば、すぐわかる遊びなので、気になった方はチェックしてみてください。

ボードゲーム・カードゲーム

ルールが分かってくれば、トランプやウノができます。

幼児くらいだと、かるたやすごろくのほうが簡単で遊びやすいです。

勝負ができるようになってくれば、面白いですよね。

プラレール

電車好きな子どもは、持っている人が多いのではないでしょうか。

大量にあれば、レールのアレンジも効いて楽しめます。

最初は、大人がレール作りをしなければいけませんが、次第に子どものほうが複雑なレールを作れるようになります。

しかし、定価で線路を増やすとなるとコストがかなりかかるので、オークションやフリマなどで手に入れるのがおすすめ。

始めは、子どもが好きかどうか様子を見るために、セットを買うといいと思います。

電車ブームが去ったところで、プラレールを処分したのですが、まさかの電車ブームが再び。

プラレールは高いので、今度は、ダイソーで買うことに。

ダイソーの電車でも、問題なく楽しめます!

ブロック・レゴ

幼稚園や保育園にあるニューブロック。

微妙に違う種類があるので、種類違いで3箱ほど購入しとてもお世話になりました。

タワーにしたり、ロボットを作ったり。

小学生は、レゴがおすすめ。

パーツが細かくなるので、指先の力が必要になります。

まとめ

おうち遊びのネタを選んで紹介しました。

子どもと毎日遊ぶのは、骨が折れますよね。

しかも、お出かけが制限されてしまうと、おうち時間が長くなります。

そんな時は、いつもと違った遊びをしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる